結露がダウンライトを壊す3

前の続き

屋根のALCパネルが乾かないうちに防水工事をしたけっか、パネルに含まれた水分は外部への放出ができない状態をつくりあげてしまった。そして、ここで残念なことに3階の天井も工期がせまっていたということもあり、施工してしまったため、天井裏の湿気を閉じ込めてしまうという構図ができあがったのだ。

このとき、換気口の一つでもついていればまた状況は変わったかもしれないのだが、そんなものも一つもついておらず、また、室内側の天井には気密シートという室内に湿気を送らないための施しがしてあったので、ますます天井裏に湿気を貯めてしまう状況をつくってしまった。こうして、湿気をためた天井裏はカビの温床となった。

こうなった天井裏に、結露をつくりだしたのが、エアコンとダウンライトなのだ。冷えた空気がダウンライトをつたって天井裏のダウンライトの器具部分を冷やし、そこが露点となって結露をし、その結露が基盤を故障させるとともに、カビを誘発させたというメカニズムだという。

工事中の施工が見た目よくても、裏側でどんな状況になっているかまでは施主は把握できない。大切な学びだと思う。

西尾市で欠陥住宅をださない新築を建てるなら